【オリーブの木】の育て方・管理方法

 

オリーブの木

オリーブの木は人類が最も古くから利用した植物の一つで、
紀元前
3,000年頃にクレタ島で栽培していたとの記録もある程です。
果実をオリーブオイルの原料とするほか、塩づけ(ピクルス)にしたりします。
ノアの箱舟の鳩とオリーブの木の伝説にちなみオリーブは平和のシンボルとされ、
国連憲章のシンボルにもされ、花言葉は【平和】。
また、オリーブの木は古代ギリシャでは英知の女神アテネが作った木ともされ【英知】も意味します。

【オリーブの木】豆知識

【オリーブの木】育て方

オリーブの木の育て方 一言メモ

オリーブの木は自家受粉がしにくいので、一本だと実が成りづらい様です。
なるべく2本以上を近くに植える事をお勧めします。

太陽が大好きですから、日当たりの良い場所に置くことを強くお勧めします。
冷暖房機の近くですと葉を落とすこともありますので、注意してください。
風の強いのには弱い様です。
寒さには強いのですが、冬季は室内の日当たりの良い場所の方が良いです。
また土壌に関しては、排水性の良いものが最適です。

雨が少なく、温暖で乾燥されている場所が好ましいとされていますが
水やりの多い方が成長が早い様です。土の表面が乾いてからたっぷりと与える様にして、
いつも土が湿っているのは避けて下さい。
受け皿などを使用する時は、水を溜めない様にしてください。
特に冬季は、少し乾かし気味にすると、耐寒性が強くなります。

春先から花が咲くまでの間、液肥を与えてください。
ハイポネックスの原液でしたら、
緑色のキャップ一杯に2リットルのペットボトルの水に薄めて、
水やりの代わりに2週間に一度くらい。固形の物を春と秋に与えても良いです。

また、石灰分を要求しますので、植え替える時には用土に混ぜたり、追加した方が
状態が良い様です。


観葉植物の育て方へ戻る

newgarden © 1997〜2015