壁紙の画像は「アメリカハナミヅキ」を店内撮影し、加工したものです。
更新日時 10/02/02 05:32

 


水は毎日あげた方が良いのですか?

アジアンタムに代表されるようなシダ類などの多湿を好む植物・盆栽の一部を除いて、毎日水をあげる必要はないです。

園芸の世界では、「水やり十年」という言葉があります。それほど”潅水”という作業は一言ではかたずけられないのですが、基本的には、鉢植えの土が乾いてからたっぷりと水をあげればいいでしょう。

水をあげる量は、鉢底から流れるくらいたっぷりとやるのが基本です。
最近では、鉢底に水を溜めておくように出来る「自然給水」のタイプが出回るようになりましたが、“潅水”には水の補給という役割のほかに、土の中の空気を入れ替える作用もあります。
また植物の根は、水や養分を吸い上げるだけでなく、老廃物を放出しているといわれ、その老廃物を洗い流す意味からしても土の表面から水をあげる事の重要性を知っておいて下さい。


newgarden © 1997〜2015