幸福の木の育て方(ドラセナ類)

 

幸福の木やドラセナの仲間の育て方です。

幸福の木(ドラセナマッサンギアナ)  

「幸福の木」と呼ばれている観葉植物は学名を「ドラセナ・マッサンゲニア」と言い、このドラセナの仲間は非常に品種が多く、美しいものが多いことから、沢山の品種が観葉植物として楽しまれています。代表的な種類としては、

  •  

「フラグランス」 ・・・・ 代表種 “マッサンゲニア”
(幸福の木)
  •  
「テレメンシス」 ・・・・ 代表種 “ワーネッキー”
  •  
「コンシンネ」 ・・・・ 代表種 “トリカラー”
  •  
「スルクスサ」 ・・・・ 代表種 “ゴットセフィアナ”

幸福の木やドラセナ類のトラブル対処法

Q:葉が茶色くなって元気がない

A:
原因は低温によるものが多いようです。
なるべく暖房器具などの影響の無い、温度が一定の場所にて管理なされる事をお勧めします。
また、水やりは耐寒性を弱めますので、なるべく与えないようします。(冬季は休眠期に入りますので、1ヶ月ほど水を与えなくても大丈夫です。)

 

 

幸福の木「ドラセナ・マッサンゲニア」

 

  • 肥料
    成長期(5月から10月位まで)に置き肥、液肥を与えます。
    どちらかで構いませんが、各社から観葉植物用と言うものが発売されていますので、
    それらを使用すると葉が美しくなります。
    与え方は説明書どおりか、少し少なめに与えるのがよいと思います。
  • 病虫害
    ハダニが発生する場合があります。なるべく風通しの良い場所で。

 

「ドラセナ・ゴットセフィアナ」


壁紙の画像は「【幸福の木】Dracaena fragrans cv.“Massangeana”」を店内撮影し、加工したものです。
更新日時 10/02/02 05:32

newgarden © 1997〜2015