鉢皿に水を溜めておけば水をやらなくてもいいですか?

この質問はよく旅行シーズン前になると頂くのですが、なるべく鉢皿に水を溜める事は避けて頂くようにしています。

その理由として、鉢の素材はプラスティック製の物が現在、主流になっています。
植物の根が呼吸している事を考えますと、鉢底の穴は外気と接触しているとても重要な場所であるといえます。
そこを水で塞いでしまいますと、根が呼吸できずに死んでしまいます。「根腐れ」という状態です。

長期に渡ってお留守にする場合は、「ウォーター・キーパー」等を使用する事をお勧めします。
また2〜3日くらいでしたら、お出かけになる前にたっぷり水をあげれば問題ないと思います。

アジアンタム等のシダ類、花を付けているアジサイ、ニューギニア・インパテェンス等はとても水を良く吸いますので、2〜3日留守にする場合でも、長期に渡ってお留守にする場合を参考にしてみて下さい。

水をたっぷりと土の表面からあげる重要性に付いては
「水は毎日あげた方が良いのですか?」
を参考にしてみて下さい。


*なぜプラスティック製の物が主流になってしまったかといいますと、素焼き鉢に比べ軽く、割れにくい、簡単に作れる、製造コストが安い等があげられます。

newgarden © 1997〜2015