壁紙の画像は「ベンジャミン」の“スターライト”という品種を店内撮影し、加工したものです。
更新日時 10/02/02 05:32

ベンジャミンの育て方


♪【ベンジャミン豆知識】
★学名:Ficus benzyamina
★原産地:インド
★分類:クワ科 フィカス属

とても人気の高い観葉植物です。フローリングの部屋などに良く似合いますし、三つ編みなど色々な仕立てた物が出回っているのが人気であるように思えます。

正確には、「フィカス・ベンジャミナ」といいます。

ゴムの木の仲間で、とても日光を好みます。
午前中に日の光が入る窓際などがお勧めです。

成長期になりますと、枝が伸びるのが早いので剪定を施して姿勢を整えます。例えば、葉の部分が丸く仕立ててあるものなどは、すぐに上の方が伸びてきますので、丸くなるように剪定します。そうする事により、より一層葉が密集して美しくなります。

よく葉が落ちてしまったとの、ご相談を受けるのですが理由としては次のような事が考えられます。

  • 日光不足
  • 環境の急な変化
  • 水のあげ過ぎによる根腐れ、または弱体化
  • 温度変化の差が激しい。または低温に当ててしまった。

以上のような事に気を付けて頂ければ、葉を落とす事はないでしょう。
もし葉を落とすような事になってしまったら、原因を考えて対処して下さい。温度が上がって成長に適した時期を迎えると再び葉を展開し始めます。(根、幹が枯れていなければ)

よく、その様な状態になってしまったのは肥料がないからだと思われるようですが、そんな事は決してありません。
逆にその様な状態のものに、肥料等を施しますと逆効果になりますので注意して下さい。

もし薬品等を使用なさるのなら、メネデール等の活力剤を投与して下さい。

一言メモ

成長期になりますと、日光の当たる方ばかり伸びてしまいますので
1ヶ月に90度位鉢の向きを回して下さい。(鉢回しといいます。)
そうする事によって、360度に展開した美しい姿勢を作る事が出来ます。

  • 置き場所
    明るければ室内で十分。日光不足に注意。
  • 水やり
    土の表面が乾いたらたっぷりと。最低気温が10度切るようになったら少し控えめに。
  • 肥料
    成長期に置き肥、液肥を併用して下さい。
  • 病虫害
    特に心配する必要はないと思います。

 

この品種は、【ベンジャミン・スターリングシルバー】
と言い、とても美しい斑(ふ)が入った珍しいベンジャミンです。育て方は普通のベンジャミンと同じで簡単!

newgarden © 1997〜2015