【世界らん展】レポート
Japan Grand Prix・蘭・International Orchid Festival
2000 10th anniversary

2000年2月24日、東京ドームで26日から開催される【世界らん展】の主催者ブースの装飾を昨年に続き手伝ってきました。

今回は10回記念ということで、主催者ブースが毎年テーマにしてきた蘭をアーケード状にディスプレイして、その年のグランプリを獲得した蘭の写真をサイドに展示すると言う素晴らしいものでした。

展示のサイズは昨年の倍以上あったかと思います。

前後半、5年分づつに別け、真中には東洋蘭の展示がとても効果的に配置されています!(^.^)


いよいよ作業の開始です。とても頑丈に作られたベースにはオアシスが埋めこまれ、そこに各年の蘭をアレンジしていきます。人数は去年の倍以上の花屋さんが取りかかっております。


上の写真はサイドのディスプレーです。左、中央の写真は、無数のパフィオが埋めこまれ、ほとんど完成した頃のもので、後は写真をはめこむだけと言う感じです。右の写真は去年のエビデンにグランプリを獲得した蘭のパネルが埋め込まれたものです。

ほとんど完成に近いときの写真です。右の写真は後から見た感じです。


照明も入り、後は細かな調整段階ですね。このゲートが今年の【世界らん展】の入り口となります。
本当に奇麗に仕上がりましたので、ぜひ実物を見て頂きたいと思います。(^.^)

【世界らん展日本大賞2000】の御案内

場所:東京ドーム

2000年2月26日(土)〜3月5日(日)

午前9時30分〜午後6時
(入場は午後5時まで)

入場料

大人2,000(1,800)、小学生1,000(800) ( )内は前売料金。
午後3時30分以降の入場券 イブニングチケット¥1,500は東京ドーム当日券売場、JR水道橋駅で
当日分のみ午後3時30分より毎日発売。※価格には消費税が含まれています。


【世界らん展】99のレポートへ

newgarden © 1997〜2015